漫画の感想

大人な恋愛が見たいならあせとせっけんがおすすめ

「あせとせっけん」はプラトニックとエッチな感じがちょうど良いバランスで楽しめる恋愛漫画だと思います。 大人な恋愛が見たいなら、まさにこの作品はオススメです。

「あせとせっけん」というタイトルからしてシンプル、且つお洒落なイメージあり、全部ひらがなという見た目の柔らかさ、言葉のチョイスや響きが秀逸で、個人的に読む前から気になっていた作品です。

ヒロインは、女性に人気がある化粧品やバス用品を扱うメーカーの経理部で働く地味めなOL・八重島麻子さん。かなりの汗っかきな彼女は、制汗や消臭に気を使う毎日を送っているのですが、同じ会社の商品部で働く名取香太郎から、八重島さんの体臭でインスピレーションが湧くと言われ、新商品開発のためににおいを嗅がせてほしいと頼まれる羽目に。

普通ならその時点で、セクハラにでもなりかねない事件でしょう。まさに生理的に受け付けないキモイ話じゃありませんか?
ただヒロインの八重島さんが大人しめで、自分を必要としてくれる人の頼みを断れ切れずに受け入れるあたり、優柔不断ぽさがありつつ、性格美人なんですよね。また、香太郎の商品開発のために注ぐ情熱も真っすぐで好感持てて、そこを応援したくなる気持ちも分からなくはないという。

そもそも単なるエッチ目当てでなく、商品開発という正当な目的で香太郎が八重島さんに近寄っていく辺り、ストーリーに少なからず説得力を持たせています。

在りそうで無さそうな設定だけれど、こんな展開あっても良いかも…という具合で、自然とお互い意識し始めて、身体の関係までいくのが微笑ましいです。そしてふたりの心の距離が縮まっていく過程で、エッチな雰囲気も醸し出されてくるのでストーリーの流れも無理がなくて良い印象があります。

この「あせとせっけん」、当初は読み切りモノとして雑誌に発表されたそうですが、後日読者アンケートで好評だったためそのまま連載化となったそうです。

人物設定やストーリーがしっかり描かれた作品なので、単発で終わらずに、連載として今の形まで読むことができ本当に嬉しい限りです。