漫画の感想

ミステリと言う勿れを読んでみた感想

「ミステリと言う勿れ」というミステリー作品、全く知らなったんですが、2022年1月にフジテレビの月9で菅田将暉が主演でドラマ化されると注目されていて、この前テレビで番宣やってました!

最近の連ドラは、人気コミックからのドラマ化ってホント多いですよね。漫画の作品ってことで、すでにストーリー自体が突拍子もない設定で面白いので、ドラマ見た後に原作の漫画読んでハマったことも多いです。

今回は1月の放送までまだ時間があるので、原作から読んでみようかってことで、漫画の無料版があったので1巻だけ先に読んでみた感想です。

なんと言っても、「ミステリと言う勿れ」の作者が、あの「バサラ」の田村由美さんでなんです!どこかで見た繊細で美しすぎる絵のタッチだな~と、もう1回表紙まで戻って、名前を確認したらなるほどでした。

バサラは学生時代にハマって読んでましたが、大人になってすっかり漫画から疎くなってはや何年?…バサラは架空戦記モノだっただけに、今回はミステリーだし!懐かしい絵の感じと、どう出てくるのかな~っという期待でワクワク感がハンパなかったです。

冒頭では主人公の大学生・整(ととのう)が、友人の殺人容疑で刑事から取り調べを受けます。
整は、人並み外れた記憶力や洞察力があり、学生とは思えぬ落ち着きっぷり、検察官や弁護士を彷彿とさせる論理立てた口調だったり、おまけに天然パーマの髪型といい、確かに菅田将暉が演じるのにピッタリなキャスティングだと感じました。

とくに1巻では、殺人事件の内容を取り調べする刑事たちの話から読み解いて、取調室の中で細かに推理していくシーンが多いんですよね。

場面が展開しないまま、取調室でのやり取りを漫画でずっと見せていくのって大変なはずなのに、不思議な緊張感があって、類まれな推理ができる整にどんどん引き込まれました。

整は過去を含め、かなり謎めいている人物なので、今後どんな事件が起こって解決するのか、この先の展開が本当に楽しみです。