漫画の感想

最近広告で見るゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないってどうなの?

最近広告でよく見かけている「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」をようやく読むことができました!

巷たのゾンビ作品って、主人公はゾンビから襲われつつも、すれすれのところで危機を脱出し逃げ延びるパターンじゃないですか?なのに、この作品の主人公ったら、ゾンビから見向きもされずスルーされ、そもそも襲われもしない特異体質になっている設定が面白いなと思いました。

ゾンビ作品なのに、主人公自身はかやの外で安全なんて、物語として成立するのか?とも頭によぎりました。が、しかし、さすがジャンルが青年漫画ですよね。ゾンビが出現するのでグロいシーンは出てきますが、そこの隙間をねらって(?)エロを絡ませてくる展開なんです。

主人公と同じマンションに住むゾンビ化したOL女子を捕まえてやりまくっちゃったり、ゾンビから逃げる姉弟を助けて匿ってやるものの、食料調達する見返りとして姉の身体を要求してみせたりと…なんというか、ゲスい主人公なんですよ。

ゾンビ作品に出てくる主人公は、もっと正義感溢れてないか…なんて突っ込みたくなりました。ま、人間なんて生きるか死ぬかの緊急事態になると、そんなにほいほい、お人好しでいられない心境になるのも、分からなくないですが。

ただし、絵のタッチは全体的に綺麗めで、普通に女子でも受けいれやすそうなソフトタッチで読みやすいです。
主人公やその他登場するキャラも変態ぽいキモキャラじゃなく、どちらかというと清潔感ありライトなかんじで、そこまで嫌悪感なく。だから、そこまでホラー&エロ好きじゃない人でも読みやすいかもしれません。

この「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」はもともと先に小説として書かれていた作品で、小説をベースに漫画化された作品だそうです。なんとなくですが、小説のほうが文字描写もたくさん出てきそうなので、ゾンビが人間を襲うシーンのグロさや合間合間のエッチシーンは漫画とはまた違った印象があるかも。

今回お試しの無料版を読んで思った感想を書きました!ちょっとこの先の展開が気になって、続きを購入しようかなって思っているので…また面白かったら、色々と感想を書いていきますね。